会計ソフトを使って支出をスリム化しよう!

会計ソフトの機能について

会計ソフトを手書きの会計スタイルから移行することで劇的な変化が起こります。まずは計算ミスの減少です。日々の仕訳からの記帳、記帳から試算表や貸借対照表、損益計算書作成などの過程で、ミスが生じやすく、また商法改正、税制改正などに対応することも大変な作業です。会計ソフトを導入すれば日々の仕訳から財務諸表は自動的に作成されます。法律の改正などはソフトのアップデートで対応できるため業務の効率化には最適です。また、勤怠管理ソフトを連携することで、日々の打刻から就業状況を知ることができます。就業規則などのルールを組み込み、労働時間が超過する場合にはアラート機能も付いていますので、勤怠管理の効率化にも適しています。

経営判断に利用できる機能

会計ソフトの重要な機能に経営判断にデータを利用することができます。打刻データから就業状況を可視化しグラフに表示することができます。
また費用、収益のデータを統計処理し、可視化することで企業のキャッシュフローの状況を知ることができます。スタンダードな会計ソフトは、経営分析のツールを充実させ、これで他社ソフトとの差別化を図ろうとしています。経営分析のツールとしては、財務諸表の経年比較で業績の変化や将来の予想ができます。営業利益率などを一覧表示する比率分析では収益性や健全性について判断できます。収益と費用の分岐点を検証する損益分岐点分析で売上目標や収益の圧縮の利益計画ができます。得意先の構成割合がわかるABC分析では、売り上げの上位の得意先がわかります。また、下位のお得意には別の営業戦略などの方策をたてることができます。

勤務状況を把握する目的として勤怠管理システムがあります。勤怠とは励むと怠けるの意です。単純に出勤と欠勤という捉え方もあります。それぞれ営業成績、出勤表から判断出来ますが、把握するのは各企業の課題です。